まるふく賃貸 有限会社 丸福商事
09:00 - 18:30
お盆、年末年始
2017年07月30日
お部屋探しのコツ 鹿児島市編

鹿児島市で賃貸を借りる際、連帯保証人と家賃保証会社は両方必要!?

「連帯保証人をつけるのに家賃保証会社との契約も必要ですか!?」

県外からの転勤者の方によく聞かれる質問です。鹿児島市賃貸物件を契約する際には、「連帯保証人」と「家賃保証会社との契約」をほとんどの物件で求められます。

実際部屋を借りる際、なぜ連帯保証人と家賃保証会社は両方必要なのでしょうか?

 

賃貸を借りる際の連帯保証人の役割とは

「連帯保証人」とは借主に代わって責任を持つ人の事です。

例えば借主が家賃を払わない時や退去時の補修費を払わない場合に、代わりに支払いをしなければなりません。滞納している家賃の支払いなどを求められた場合、「借主に先に請求して!」という事が出来ず、支払いをする必要があります。

賃貸契約は長期間にわたる事も多く、契約時には借主が定職についていたとしても、将来ケガや事故で職を失い、家賃を支払えなくリスクもあります。そのリスクに備えるため賃貸契約時には原則連帯保証人が必要になります。

 

鹿児島市の家賃保証会社の役割とは

「家賃保証会社」とは賃貸住宅の契約時に入居者から保証料を受け取り、連帯保証をする会社の事です。ただし保証する内容は、家賃保証会社の保証内容の範囲内です。

家賃保証会社の保証内容に「滞納分の家賃」はあるのですが、「退去時の補修費や違約金等については入居者が認めたものに限る」という規定がある為、夜逃げ時に対応出来ません。

 

まとめ

鹿児島市では、ほとんどの物件で「連帯保証人」と「家賃保証会社」が必要です。

鹿児島市では家賃保証会社の保証内容が不十分であると判断する大家さんや不動産業者が多い為、「連帯保証会社」と「家賃保証会社」がお部屋を借りる条件になっていることが多いようです。

鹿児島市でも「家賃保証会社」のみ(連帯保証人不要)で入居できる物件もあります。

大東建託やレオパレス、大和リビングの物件は一定の審査がありますが、連帯保証人不要で契約出来ます。

ただし現在お部屋探しの方には、「連帯保証人」がどうしても見つからない場合以外は「家賃保証会社のみ」でお探しするのはあまりおススメ出来ません。

「家賃保証会社」のみで契約できるお部屋は鹿児島市では圧倒的に少ないので、選べるお部屋が限られてしまいます。

 

 

arrow_upward