まるふく賃貸 有限会社 丸福商事
09:00 - 18:30
お盆、年末年始
2019年01月07日
賃貸経営のコツ 鹿児島市編

空室対策に効く特効薬は?

空室対策一番聞く特効薬(手段)は何でしょう?

一概に空室対策といってもたくさんの手法があります。

リフォームやリノベーションなどのお部屋そのものに手を入れるパターン(空室毎に対する投資)

ネット無料や宅配ボックスなど、マンション自体に付加価値を付けるパターン(建物全体に対する投資)

家具家電等を設置してモデルルームや家電家具付にするパターン(不動産に動産を取り付ける投資)

ペットや楽器、学生・男性・女性・社会人・シェアハウスなどの条件を緩和するパターン(条件緩和なので簡単に行えるが、現入居者さんの不況を買う恐れあり)

家賃を下げる。初期費用を安くする。などの収益を削るパターン(投資が不要で、すぐ実行できる。但し、不動産自体の価値の低下を招きます)

空室対策に効く薬(手法)には副作用がある

空室対策を行う上で、とても大切なことは「費用対効果」です。

不動産自体の価値を上げる手段(薬)には、高額な費用が発生するなどの副作用が予想されます。

不動産の募集条件などを変更する手段(薬)には、資産低下やクレームなどの副作用が予想されます。

人間の病気もそうですが、病名が分からないのに「高価だから効くだろう」と何でもかんでも薬を服用してしまうと費用も掛かりますし、逆に体を悪くしてしまう可能性も有ります。

お医者さんに掛かって、病名を知ることが大切。

なぜお部屋が決まらないのか?

それには理由があるはずです。その理由が分からないのに、やみくもに空室対策を行っても、投資効果が最大化することはありません。(たまたまヒットしても次に生きません)

ですので、なぜ空室期間が続くのか?理由を解明する必要が有ります。

ご自身で勉強したり、満室経営の家主さんに相談したり、信頼できる不動産屋さんに力を借りたりして、空室理由を探ってください。

もし、ご自身で空室理由を見つけられない場合は、当社にお尋ねください。ご相談は無料ですので、お気軽にお越しください。

お医者様に倣って、お部屋ごとにカルテを作成して、根拠を元にご提案いたします。

この記事を書いた人
東石 誠 アズマイシ マコト
東石 誠
親切丁寧をモットーに、素敵なお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。 また、オーナー様の大切な資産を最大限活用できるよう、根拠と数字を用いて分かりやすくご提案をさせていただきます。入居者様とオーナー様がWin-Winになれる、素敵な懸け橋となれるよう全力でサポートさせていただきます。
arrow_upward